Home    Deep Asia    Articles    Photos    Blogs/What's New

Check out the new site from The Temple Guy!

AKI MEGURIHISTORYTOKAIDOYAMATOSHIKOKU


 

Aki Meguri

History: Prospectus

Japanese Support Request

[This is the text of an e-mail I sent to my Japanese-speaking friends.  I made an error, though: I sent it from my new (at the time) e-mail address, to large numbers.  Many of my friends, especially in the U.S., failed to recognize it as anything except "junk mail," and so discarded it.  They didn't know what I had done until much later!  It was also a mistake to send it in Japanese without a warning: it was translated by my dear friend Reiko, and many readers, assuming I had written it, answered in Japanese as well!  I had to have their responses translated.]

皆さん

この手紙は、大事なお知らせ2つと、ある申し出、お願い、ご招待についての手紙です。じっくり読んでくださればと思います。

お知らせその1:もうすぐいなくなります

仕事を辞め(近日中)、日本を後にすることとなりました(少し先)。4年半務めたイーオンを829日をもって退職します。すばらしい仕事を後にするのは気がひけるのですが、他にしてみた事が色々とあるのです。そのためには、ロサンゼルスに(少なくともしばらくの間)戻らなくてはなりません。

でも、日本には12月までいます。ある大きなプロジェクトに取り組む予定なのです。ここからは、おもにそのプロジェクトに関わる話になります。

お知らせその23ヶ月間の巡礼

日本に来てからずっと歩いてみたかった道のりが2つあります。ひとつは約3週間かけて旧東海道の道のりをたどって東京から京都まで歩くもので、もうひとつは約6週間かけて、日本で一番古い巡礼とされる四国88のお寺を訪ねてまわるものです。京都から四国フェリーまでは3週間以内で歩くことができるので、これ全部を9月、10月、11月で一度にまわることに決めました。東海道と四国の部分の間には、大和地域をできる限り古い道をたどって歩くことに決めました。宇治、奈良、吉野を通り、高野山まで歩くことになります。皆さん御存じかと思いますが、高野山は四国巡礼を始めたと伝えられる弘法大師が終焉の地とした所です。

申し出:皆さんに代わって祈願をします

ここで、ある申し出についてお話することになります。昔は(今でも同じですが)何ヶ月もかかる巡礼に出られる人はほとんどいませんでした。ですから、よく村全体が「相互扶助協会」といった形で集まり、集団全体のために巡礼にいく人を1人指名しました。その人が、巡礼で訪れる神社やお寺で皆の願いごとを代表で祈願するのです。

これを同じように皆さんにしたいと思っているのです。願いごとを知らせてくだされば、代わって祈願することを堅くお約束します。

  • 東海道と大和の部分では少なくとも11回(奈良の大仏と高野山の弘法大師に向かってのお祈りを含めて)

  • 四国の88のお寺全部で、つまり平均して12回近く

私がこれを行う資格がどこにあるか?というと、まずひとつには、歩くということは、修行という一種の供物をすることになるからです。それに、巡礼者のたてる誓いも守るつもりです。私はもともと菜食主義者ですし、女人禁制はほとんんど問題にならないでしょう。さらに、道中はお酒を飲みませんし、嘘をついたり人の悪口を言ったりしない等、話すことについても自制するよう努力します。

どんな願いごとができるのか?というと、2通りの願いごとができます。ひとつは何かの実現を願うもので、転職、試験での成功、結婚、大事な人の健康や子供の入試合格、または個人的な事ではなく、家庭内暴力がなくなるように、とか世界平和といった事です。もうひとつは、先にあげたようなことが実現したことに対する感謝や、生を受けたこと自体に感謝をささげるものです。

ぜひお願いごとをEメールでjames@connectedjapan.com宛てに送ってください。できるだけ願い事に忠実に、代わって祈願をします。

お願い:貢献をお願いしたいのです

まず、絶対にはっきりさせておきたいことがあります。貢献をしてくださるかどうかに関わらず、願いごとは代わりに祈願します。

とはいえ、もし何かの実現や感謝に真剣な場合は、何かしら誠実さを示す行為をする、というある種普遍的な法則があります。ひとつできることは、私がするのと同じ日数だけ、自分自身でもその願いごとを念じると約束することです。他にできることは、多くの人の願いごとを背負った私の無事を祈ることです。そしてもうひとつは、私の巡礼に経済的な形で貢献をするということです。

3ヶ月というのは、「無職」、しかもホームレスでいるには長い期間です!宿泊費(できるだけ野宿しますが)もかかります。巡礼が進むにしたがってホームページも更新するので、インターネットと電話の費用もかかります。それに、食べないわけにもいきません!というわけで、もし援助してくださればありがたいのです。

昔の人達はこの方法に頼っていました。「相互扶助協会」は本当にお互いさまで、巡礼に出る人を送りだす側は旅費を支払い、留守の間その人の家族を助けるためによく協力をしたのです。

どの程度貢献すればいいのか?というと、何でもありがたくお受けします(先ほど書いた通り、まったく寄付をしなくても全然構いません)。ただ、だいたいの目安として、私のホームページに3つの「サークル」を設定し、それぞれ個人名がリストにあがるようにしました(匿名希望と指定のある場合を除いて)。3つのサークルは:

  • 観音サ-クル3300円以上、または33米ドル以上。これは慈悲の神様である観音の33の変化を象徴したものです。

  • 東海道サークル5300円以上、または53米ドル以上。これは東海道五十三次を象徴したものです。

  • 弘法大師サークル8800円以上、または88米ドル以上。これは四国巡礼の88のお寺を象徴したものです。

ご希望の寄付金額をEメールで教えてくだされば、どのように振り込みをすればいいか、または届けることができるかについて情報をお送りします。

御招待:パーティー

最後になりましたが、92日(日)に東京付近にいらっしゃる方は、ぜひ午後1時に南日暮里公園に壮行会に来てください(行き方がわからない人には、説明を送ります)。友人に頭を剃ってもらい、巡礼用の衣服を身につけ、出発前最後の一杯をやります。93日に(ちなみに大安)日本橋から出発します。

12月にアメリカにいる方は、12月にロサンゼルスで帰国パーティーがあります。詳細は追って連絡します。

ぜひ、

  • 願いごとをEメールでjames-at-connectedjapan.com宛てに送ってください。

  • 同じEメール・アドレスに、寄付をしてくださる予定かどうか知らせてください。

  • もしできれば、パーティーに来てください!

  • こまめに私のウェブサイトをチェックしください:www.connectedjapan.com

この手紙を読む時間をとってくださって、どうもありがとう。そして、私のことを心のどこかに留めておいてくださればうれしいです。

ジェームズより

Return to
Prospectus Top
Return to
Aki Meguri Home
Return to
History Top

 


Write to The Temple Guy

Search the Temple Guy